PICK UP

Eddie Horstman

BIOGRAPHY

エディ・ホルストマン
エディ・ホルストマンは、1969年、オランダのハーグに生まれた。彼は現在、ズーテルメールに住んでいる。

彼はロッテルダムのグラフィックデザインの学校を卒業後、他にもいくつかの課程をとり、様々な専門的なグラフィックアプリケーションを学んだ。

広範囲にわたるグラフィックの見識に加え、ハードウェアやソフトウエアの応用の分野における彼の関心と知識もまたよく知られている。
彼は、定期的に記事を発表し、この知識をすすんで他者と共有している。他にもアップル、エプソン、ワコム、アドビの製品についてもレビューを発表している。これらのメーカーは、彼の記事を高く評価するようになり、自分たちの製品のテストやレビューを依頼するようになっている。

エディは、若い頃から写真とグラフィックデザインに関心を持っていた。
昔の宣伝用パンフレットや写真、アルバムがグラフィックに対する深い愛情を持つきっかけとなった。
車もまたエディの熱中する対象であった。旧式の車の独特のデザインや特徴的なラインが、彼にとっては特に魅力的だった。後に、古い建造物や都市の景観という分野にも彼は関心を広げていった。

このようにして、やがて彼は自分でカメラを持ち、写真を撮り始めた。
彼は大抵、街中で撮影を行い、昔の車や、昔からの都市の景観を捉えることが彼のお気に入りの主題となったのは、自然の成り行きだった。

 「どれほど多くの美しい昔の車が、今でも街中を走り、また止まっているかは注目に値する。だが、みんながそれに目を向ける必要がある。写真を撮って、後からHDRイメージに変換することができるように、昔の車の撮影にはオートブラケット機能を標準的に使用している。」

郷愁は、彼の作品に繰り返し現れる主題であり、作品の主たる様式の特色の一つでもある。彼は時を超えた主題や状況を探求し、過去につながる架け橋を視覚化する。これらの要素は拡大され、強調される。そのため、彼の作品において、まるで時が止まったかのように思われるのである。

 「私は、時が移り変わっても、変わらない物に魅了される。特に私の都市景観の写真においては、20世紀半ばに撮られた写真のような印象を与えたいと思う。だから現代的な要素は、私の写真にはなかなか見つからないだろう。」

エディ・ホルストマンの仕事は、その主題だけでなく、彼が関心を傾けた製品の完成にも特徴が表れている。精通した技術に加え、彼の創造的な洞察力もまた、彼の仕事に反映されている。

 「私の作品において、構成、鮮明さ、色、そして精細さが非常に重要である。そのため私が意図していることを正確に実現するため、時間をかけて写真を徹底的に調べる。私はスタジオを使わないので、写真が気に入らないからと言って撮り直しはできないのである。だからこそ、私は可能な限り多くの位置や角度から撮影し、常に三脚を使用する。私が望む結果を得るために、技術的な道具に頼っている。私にとってそれはフォトショップであり、ワコムのタブレットである。

エディが写真を作成する際によく使用する技術は、ハイダイナミックレンジ(HDR)である。この技術を使えば、明るさが乏しい状況でも、最良の結果を得ることが可能である。またこの技術により、写真の精度を上げることができる。HDRを長年使用してきた経験から、彼はこの分野における真のエキスパートである。

ファインアートプリントは、デジタル写真とは大いに異なった印象を与えることができる。また彼はこの分野において、最良の結果を残すべく長い間、非常に努力を重ねてきた。彼は作品を現像する際、ILFORDインクジェットフォトペーパーを使用している。

近年彼の作品は注目され続けている。彼の作品への関心は広がり続け、出版もされている。

QUOTE

「多様なILFORDインクジェットペーパーのおかげで、幸運にも私のデジタル作品を手にとれる作品に仕上げることができる。
ILFORDの、ギャレリープレステージスムースパールは、その美しいカラーグラデーションと、目を見張るパールの輝きゆえに、私の最も好きな紙である。」

PAPER OF CHOICE

スムースパールパッケージ      
SMOOTH PEARL 310