ギャラリーの注意点

取り扱い
光沢のある面が印刷面です。用紙を正しく装てんするには、プリンターメーカーの説明に従ってください。
印刷面には触らないように注意してください。汚れや跡がつき画質や色に影響する場合があります。
用紙が極端な温度や湿度にさらされないようにしてください。高湿度は画質を悪くすることがあります。
損傷から守るため、用紙は元の箱に保管してください。
用紙はプリントしてから直ぐに取り扱うことができますが、プリントした面は触らないように注意してください。プリントは重ねたり保存する前に十分乾かしてください。
乾燥
速乾性のインクジェット用紙ですので、プリンターから出てきた時点で手で触れられる程度に乾いていますが、ラミネートする場合は十分に乾燥してから行う事を推奨します。他のインクジェット用紙と同様、一貫したプリント結果を得るには24時間置くことを推奨します。
画像の耐久性
画像の耐久性はプリンターのインクに大きく依存します。プリンターメーカーの情報をチェックしてください。全てのポーラス型速乾性インクジェット用紙は、大気汚染物質によるガス退色の影響を受けます。例えば画像をガラスでカバーする事により、プリンターによりますが染料インクの場合10年位まで耐久性があります。顔料インクプリンターの場合、強制試験の結果によればギャラリーゴールドとスムースは30年以上耐久性があります。