プリントの耐久性

イルフォードギャラリーは世界的に認められたインクジェットメディアで、プロフェッショナルマーケットに於いて高い評価を得ています。イルフォードの主力商品ブランドとして、マーケットに関連する的確な情報を提供することが大切であると考えます。 プリントの耐久性は業界での論議の一つになっており、何年長持ちするかについて多くの報告がありました。小サイズのプリントについての調査報告がありましたが、それらはプロフェッショナルマーケットの現実的な使用条件と異なる場合がしばしばありました。 インクジェットプリントの寿命を予測するためのISO規格が現在は無いという事実を踏まえ、イルフォードは写真家の実際の使用状況に即した情報の提供が重要であると考えます。

耐久性に影響する要因

インクジェット画像は、インクを受ける受像層をもつメディアに形成されています。インクとメディアの両方が耐久性に関与することを理解することが重要です。以下の事をはじめ、インクジェットプリントの耐久性に影響する要因と条件はたくさんあります。

  • プリントが飾られる場合、光は非常に大きな要因です
  • 湿度と高温は、飾る場合にもアルバムに入れて保存する場合にも影響します
  • 空気汚染やオゾンは、プリントがフレームやラミネート無しで飾られる場合は大きな要因です

プリントの耐久性を規定する場合、画像は通常の条件としてこれら全ての要因にさらされ、画像の寿命(耐久性)とは目に見える劣化が最初に起こった時までとします。

プリントの耐久性はどの様に使用されるかによって異なり、主に以下の三つの場合があります。

  • 保護無しで飾られるプリント
  • 保護されて(ラミネート、フレーム)飾られるプリント
  • アルバムに入ったプリント

Epson Stylus Photo R2400(PX-5500)プリンター、Ultrachrome K3 (PX-P K3) インクでプリント

元の画像

5年後(保護無し)
典型的なオフィスの条件

20年後(保護無し)
典型的なオフィスの条件

なぜ耐久性の断定が難しいのか

写真家にとって、プリントした作品が意図した目的(ディスプレーまたは保存)で何年長持ちするか分かっている事はたいへん重要です。既に説明の通りプリント画像の耐久性に影響する要因はたくさんあり、言い換えると耐久性が測定される方法に影響を与える要因がたくさんあります。

要因 1.
インクとメディアの両方が耐久性に影響することは確かであり、市場には無数のプリンターモデルと多くのタイプのインクがあります。結果を出すためには、個々のメディアとプリンターでテストしなければなりません。
要因 2.
様々な異なる方法で耐久性のテストを行う、国際的に認められた機関がいくつもあります。
要因 3.
結果には最終的にプリントが使われたり飾られたりする環境条件が考慮されていなければなりません。

イルフォードの試験方法

1980年代以来、イルフォードは写真業界に於ける画像耐久性の規格を制定するのためのISO技術委員会TC-42ワークグループ5のメンバーで、そのテスト方法の改善に貢献してきました。新しいインクジェットメディアを発売する前に、イルフォードは市販の主なプリンターの多くを用いて厳格なテストを必ず行い、オゾン、光、湿度、温度に対する耐久性を調べます。プロフェッショナルマーケットの性格を考慮し、家庭での使用条件に重きをおいた他の試験機関のテストに比べ、イルフォードはより厳しい光退色テストを行います。写真家にとって、画像の耐久性だけでなくプリントの物理的な堅牢性も大切です。そこでイルフォードはスクラッチ、ひび割れ、層間剥離など一連の物理試験も行います。イルフォードはAtlas Ci-4000塗膜耐光性試験装置とHampdenオゾンチャンバーを用いて、デイライトをシミュレートした試験を行っています。測定は、グレーまたは中間濃度の色のどちらかに劣化が見られ次第直ちに行います。

イルフォードの試験方法

画像はどの位長持ちしますか

イルフォードのメディアは、変退色を防止し画像の耐久性を高めるため、最高の品質と純度の材料を用いて製造されています。 厳格なテスト方法に基づき、イルフォードの研究開発部門は、写真家がプリントする作品と使用するインクのタイプによって参考となる耐久性のガイドラインを作りました。全てのテストにはデイライト相当の光源が使われ、プリントがラミネートされていない点は他の試験機関と同様の条件です。テストはプリントが保護無しに飾られる場合に相当します。

プリンター
耐久性予測年数(年)
平均的家庭
225ルクス(12時間)
オフィス
450ルクス(12時間)
明るいロビー
2000ルクス(12時間)
写真アルバム
エプソンPX-9000
40±10年
20±5年
4±1年
200年以上
エプソンPX-7500
40±10年
20±5年
4±1年
200年以上
エプソンPX-6500
35±10年
20±1年
4±1年
200年以上
キヤノンIPF5000
50±10年
25±5年
6±1年
200年以上
キヤノンW8400
55±10年
30±5年
7±1年
200年以上
HPZ3100
50±10年
25±5年
6±1年
200年以上

*プリントはそれぞれ記載された照度で1日12時間照射されています。

*テストには全てメーカー純正インクが使われています。